その11
463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:03:55.44 ID:SC2BKzwa0
〜〜三十分後(イン・ア・ハーフ・アワー)〜〜


ジュララッ!! フババッ!! チュダダッ!!

サッサッサッ サッサッサッ スッスッスッ

( ^Д^)「とんでもねー鬼ごっこだな」

从 ゚∀从「鬼は追ってないけどな」

(*゚ー゚)「だけど、あれ……ドクオくん勝てるのかな? かわす一方だけど……」

(´・ω・`)「無理だね。ドクオには攻撃する気配がない」

(゚、゚トソン「やっぱり」

ミセ*゚ー゚)リ「自分のお父さんだから?」

(´・ω・`)「そういう美しい親子愛が起因しているならお涙頂戴な話だけどね」

(´・ω・`)「単に攻撃を加える隙がないんだろう」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:12:59.88 ID:SC2BKzwa0
(-@∀@)「凄い光景だ……トリックなんかじゃないぞ!」

(-@∀@)「カメラに収められないのが残念だ……」

从 ゚∀从「しっかしジョルジュの野郎、とんでもねー奴連れてきたな」

(´・ω・`)「NASAが何を隠しているかなんて誰もすべてを把握していない」

(´・ω・`)「僕もまだ、一枚目のゲートすら突破できてないからね」

(´・ω・`)「ハッカーにとっての最終定理だよ」

( ^ω^)「……おおっ!?」

从 ゚∀从「どうした? 素っ頓狂な声なんて上げてよ」

( ^ω^)「あれ見るお。校舎の方向……」

( ><)「校舎ですか? 野次馬がガラス越しに見てますけど……」

( ^ω^)「違うお。中じゃなくて、外。校舎一階の前だお!」

471 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:21:26.58 ID:SC2BKzwa0
从 ゚∀从「どれどれ……」


(-_-)「……」


( ^Д^)「なんだヒッキーじゃねぇか……あいつも観に来たのか?」

从 ゚∀从「そういや、予定ではジョルジュがやられるはずだったんだよな」

川д川「ヒッキーくん……ドクオくんの超能力……間近で見てたから……」

( ^ω^)「ああ、ヒッキーもジョルジュが負けると踏んでるのかお」

( ^Д^)「それでジョルジュの敗北を笑いに来たのか。気持ちはわかるぜ」

(´・ω・`)「待って。様子がおかしい」

(´・ω・`)「いつもおどおどと震えているヒッキーが、随分……落ち着いている」

(´・ω・`)「肝が据わっているように見える」

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:24:08.66 ID:SC2BKzwa0
( ^Д^)「こっからでもわかるのか?」

(´・ω・`)「様子がおかしいことくらいなら、遠目でも十分データとして信頼できる」

(-@∀@)「どれどれ、ちょっとカメラのズーム機能で望遠してみよう」

(-@∀@)「……ああっ!!」

( ^ω^)「どうしたんだお、そんな狼狽して……」

(-@∀@)「ひっ、ひっ、ひっ、ヒッキー、のっ」

从 ゚∀从「何言ってんだかわかんねーぞ。ちょっと落ち着け」

(´・ω・`)「騒ぐ心を鎮めて話すんだ」

(-@∀@)「ハァ……ハァ……ひっ、ヒッキーの」

(-@∀@)「ヒッキーの背中に……ライフルがっ……!」

(*゚ー゚)「え……?」


バーンッ!!

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:29:20.59 ID:SC2BKzwa0
('A`)「な、なんだ今の轟音は!?」

バーンッ!!

('A`)「まただ!」

(`・ω・´)「何があった? 父さんこんな人工的な音出せないぞ?」

キャアアアアアアアア!!!!

('A`)「悲鳴……なんだ、どうしたってんだ!」

(`・ω・´)「学生たちが蜘蛛の子を散らしたように逃げ惑っている……」

从 ゚∀从「どっ、ドクオ!!」タッタッタッ

('A`)「みんな……どうした? 何が起きたんだ?」

(´・ω・`)「大変なことになった」

( ^ω^)「ヒッキーが……アメフト部員に向けて……発砲したんだお!」

('A`)「なんだって!?」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:34:32.54 ID:SC2BKzwa0
(´・ω・`)「ターゲットによるジョックたちの復讐だよ」

(゚、゚トソン「ジョックを消滅させようとしていたのは」

ミセ*゚ー゚)リ「どうやら私たちだけじゃなかったみたい!」

(-@∀@)「それも……こんな強硬な手段で!」

(´・ω・`)「テキサスやコロラドの再来だ」

('A`)「いっ、今ヒッキーはどこに?」

(´・ω・`)「わからない。みんな見失っている」

(*゚ー゚)「とにかく、逃げないと!」

(´・ω・`)「校舎に残っている生徒が危ない……」

(´・ω・`)「彼らの逃げ道は限られている」

川д川「うふふ……意味深に笑ってる場合じゃないわ……」

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:40:04.35 ID:SC2BKzwa0
(`・ω・´)「私が行こう」

('A`)「父さん!」

(`・ω・´)「他に適任者はいない。私が出るしかないだろう?」

('A`)「父さん、俺も行くよ」

(`・ω・´)「ドクオ」

('A`)「俺の力も何かの役に立つかもしれない」

('A`)「だったら俺も行かなきゃダメだろ?」

(`・ω・´)「……わかった。ついてきなさい」

( ^ω^)「まっ、待ってくれお!」

('A`)「ブーン……」

( ^ω^)「僕も行くお! 行かせてくれお!」

505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:46:56.35 ID:SC2BKzwa0
('A`)「なんでだよ、死ぬほど危険だぞ? 最悪死ぬぞ?」

( ^ω^)「たぶん、ヒッキーが一番に狙っているのは……ジョルジュだお」

( ^ω^)「ジョルジュの近くにはツンがいる、だから……!」

('A`)「……そうか。なら仕方ねぇな」

(´・ω・`)「僕もお供するよ」

('A`)「ショボン!」

(´・ω・`)「自ら進んで乗った船だ」

(´・ω・`)「参謀は最後まで大将のそばで仕えないとね」

('A`)「本当にお前って奴は……頭がいいのに、最高に馬鹿だな」

(´・ω・`)「そうさ。僕も君に負けず劣らずの、愚か者だよ」

('A`)「了解したぜ。俺は考えることは苦手だ、今回もばっちり知恵を貸してくれ」

(´・ω・`)「慎んでその申し入れを受諾するよ」

513 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:52:01.68 ID:SC2BKzwa0
(`・ω・´)「君たち、耳を貸しなさい」

( ^ω^)「ドクオの父ちゃん」

(`・ω・´)「会うのは今日で二回目だね」

(`・ω・´)「危なくなったら私の背後に隠れなさい」

(´・ω・`)「あなたに直撃しますよ?」

(`・ω・´)「しないさ」

('A`)「冗談抜きに父さんに銃弾なんて命中しないから安心してくれ」

(´・ω・`)「それじゃあ、遠慮なく」

(`・ω・´)「グラウンドにいた人間は……まだ半分ほどしか避難していないようだな」

('A`)「残った皆で手分けして先導してくれ」

('A`)「ハイン、お前が指揮を取ってくれ! 頼りにしてるぞ!」

从 ゚∀从「任せろって、リーダーさん」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 22:57:18.36 ID:SC2BKzwa0
('A`)「じゃあな。ちょっくら出かけてくるぜ」

(゚、゚トソン「怪我のないように……」

ミセ*゚ー゚)リ「してよね! 絶対だよ!」

(*゚ー゚)「みんな……無事で帰ってきてね」

川д川「うふふ……ドクオくん、守護印を腕に書いてあげる……」

('A`)「なんだこの禍々しいデザインは。呪術にしか思えんぞ」

川д川「これでもう安心……」

('A`)「なんかこえーよ」

(´・ω・`)「急ごう。事は一刻を争う。早くヒッキーの居所をつかまないと」

( ^ω^)「大至急だお!」

('A`)「よっしゃ……それでは」

(`・ω・´)「行くぞ!」

('A`)「俺に言わせてくれよ」

539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:03:18.12 ID:SC2BKzwa0
('A`)「……」タッタッタッ

('A`)「ん?」

ミ,,゚Д゚彡「全力で走るんだ! 正門は向こう、裏門はこの道を直進だ!」

('A`)「フサの奴が逃走経路を開いてるのか」

(´・ω・`)「よくやるね。ブレーキを踏む役割だったとはいえ

(´・ω・`)「いじめに加担した当事者の一人なんだから撃たれる率は他者より高いのに」

(`・ω・´)「私は彼の勇気に敬意を表するよ」

( ^ω^)「だけど……逃げずに余裕かましてる学生も結構いるお」

(´・ω・`)「ジョックしか標的にされないと思ってるんだろう」

(´・ω・`)「自分の身には火の粉がふりかかってこないと、そう楽観視してる」

('A`)「野次馬根性丸出しだな……」

544 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:10:23.69 ID:SC2BKzwa0
(´・ω・`)「だけど……」

バーンッ!! バーンッ!! バーンッ!! バーンッ!!

( ^ω^)「う、うわあっ! 血が、血がっ……!」

(´・ω・`)「やっぱりだ。無差別狙撃をしている!」

('A`)「どういうことだよ!」

(´・ω・`)「もうヒッキーは冷静な判断力なんて、とっくに失っているんだろう」

('A`)「なんてこった……」

(`・ω・´)「……よし、今の音の出所から脳内でマッピングできたぞ」

('A`)「さすが父さんだ! 聴覚で『視る』ことができる!」

(`・ω・´)「あの少年は……校舎の中にいる!」

(´・ω・`)「やはり見晴らしのよさを重点に置いたか。急がないと」

('A`)「おっしゃあ!」ダダダ!!

551 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:15:48.46 ID:SC2BKzwa0
〜〜校舎近辺〜〜


('A`)「なんとか……ここまでは無事に辿り着いたが……」

(´・ω・`)「校舎の中にはまだ多数の学生が残っている」

( ^ω^)「一階にいた人たちはなんとか逃げ出したみたいだけど……」

(´・ω・`)「それより上の生徒は身動きとれないようだね」

('A`)「階段を下りている途中で鉢合わせたらもうおしまいからな……」

(´・ω・`)「うん、その場で撃たれるか、あるいは命からがら上階に逃げるか」

(`・ω・´)「しかし上に逃走したところでなんの打開にもならない……か」

(´・ω・`)「二階にいた、体力に自信のある学生は飛び降りられるけど……」

('A`)「それでもまだかなりの人数だ!」

554 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:23:12.47 ID:SC2BKzwa0
(`・ω・´)「私に任せてくれ」

('A`)「父さん」

(`・ω・´)「百人単位でいけるか……学生諸君! 聴こえるか!」

ザワ...ザワ...

(`・ω・´)「聴こえたなら、窓を開けてくれ! 全部だ!」

ザワ..... ガラガラガラガラッ!!

( ^ω^)「全開になったお」

(`・ω・´)「ならば……」

フワッ...!! キャーキャー!

( ^ω^)「浮いたっ!? 二階の教室にいた人間全員が!?」

('A`)「あーうちの父さん、俺と似た能力も駆使できるから」

561 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:27:28.38 ID:SC2BKzwa0
(`・ω・´)「そして……はっ!」

フワ...フワ...

( ^ω^)「窓から出てきたお、浮遊したまま……」

(´・ω・`)「宙に浮いてるね。およそ百人」

(`・ω・´)「さらに、へやっ!」

ストン...

.........ウオオオオオオオオ!!

(´・ω・`)「お見事な軟着陸。歓喜の渦が出来てます」

('A`)「百人って……一人ひとりに念動力使ってんだろ? よくやるよ……」

(`・ω・´)「父さん総量二十トンまでなら自在に飛ばせるからね」

(`・ω・´)「アフリカゾウ二頭分だ。それに比べれば、造作もないことだよ」



564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:33:19.89 ID:SC2BKzwa0
('A`)「……で、父さんの迅速な作業な末」

('A`)「教室にいた全員の批難が終わったわけですが……」

(`・ω・´)「お前も念動力が仕えるんだから手伝いなさい」

('A`)「俺、そこまで器用に操れないから」

( ^ω^)「だけど中にジョルジュたち一行はいないお」

(´・ω・`)「もう逃げたか、グラウンド側にいたか」

(´・ω・`)「あるいは……教室以外の場所に隠れているか」

('A`)「それは奴らだけに限らないな。見に行こう。ヒッキーもまだ中だ」

('A`)「父さん、急いで……」

(`・ω・´)「いや、ドクオ……聞いてくれ」

(`・ω・´)「お前だけで行くんだ」

570 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:37:54.29 ID:SC2BKzwa0
('A`)「どうしてさ!?」

(`・ω・´)「父さん腰が痛くなっちゃったよ。もう一歩も動けない」

('A`)「中年め……」

(`・ω・´)「さすがに私のガードなしに、ドクオの友人二人は任せられない」

(`・ω・´)「だからドクオだけで行くんだ」

('A`)「んな突然……」

(´・ω・`)「えっ、僕はついていくつもりですけど」

( ^ω^)「僕もだお! ツンがもしかしたら……!」

(`・ω・´)「さすがに未熟なドクオに二人分のお守は荷が重いよ」

('A`)「二人……か……」

('A`)「……なあ父さん。一人なら構わないよな!」

(`・ω・´)「む?」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:42:00.18 ID:SC2BKzwa0
('A`)「二人は無理とか、一人なら平気だと、そう見積もってんだろ?」

(`・ω・´)「まあ、一人分ならなんとかなるとは思うが……」

('A`)「だったら……ブーン、来いよ」

( ^ω^)「ドクオ!」

('A`)「お前には目標があるからな」

( ^ω^)「恩に着るお」

(´・ω・`)「やれやれ、見せつけてくれるね。僕の出る幕はここで終わりか」

('A`)「感謝してるぜ、ショボンよー」

(´・ω・`)「礼はいらないから早く行っておいで」

(`・ω・´)「ああそれと、救出された学生たち」

(`・ω・´)「これ以上下手に動くと危ない。全員私の背後にいなさい」

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:45:53.80 ID:SC2BKzwa0
( ^ω^)「え、そんなこと言っても人は壁にはならないお」

('A`)「いやだから、うちの父さんは」

ガガガガガガガガッ!!

('A`)「銃声!? 連続!?」

(`・ω・´)「ふんっ!」

パチュンパチュンパチュンパチュンパチュンパチュンパチュンパチュン

( ^ω^)「全部……こちらに届く前に破裂した……」

('A`)「父さんそういう人間だから」

( ^ω^)「どういう人間だお」

(´・ω・`)「それより、ヒッキーがマシンガンも所持していることが判明した」

(´・ω・`)「細心の注意を払うんだよ。さすがに近距離で連射されると、ドクオといえども」

('A`)「わかってるよ。んじゃ、行ってくるぜ」タッ!!

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:53:43.21 ID:SC2BKzwa0
〜〜校舎二階〜〜


('A`)「一階には案の定誰もいなかったが……」

( ^ω^)「二階も引き続き人の気配なしだお」

('A`)「人の侵入できるスペースは大概洗ってみたんだがな」

('A`)「……上がるか」

( ^ω^)「いや、まだ探してない場所があるお」

('A`)「どこだよ」

( ^ω^)「盲点だったお。一階から二階に続く階段は二つある……」

( ^ω^)「僕らはその片側から上がってきたお」

('A`)「そうか、俺たちは二階の『フロア』しか回ってなかったのか!」

( ^ω^)「もう片方の階段を見に行くお!」タッ!

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/02(火) 23:58:50.15 ID:SC2BKzwa0
('A`)「推察通りだ、中二階に人影があったぞ!」

('A`)「だけど……二人が床に伏している。血溜まりが見える……」

('A`)「一人はその傍らに立っているな……」

( ^ω^)「合わせて三人……まさか!」タッタッ

('A`)「おまっ、駆け下りるの早すぎ……」

( ^ω^)「……やっぱり……」

('A`)「ハァ、ハァ、やっと追いついた」

('A`)「なんでこの学校無駄に、階と階の間を分厚く作ってんだよ……」

('A`)「デブ対策か……おかげで日本より段数が……ん?」

( ^ω^)「ツン……」

ξ゚听)ξ「……ブーン、どうしてこんなところに来たのよ」

601 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:03:02.72 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「お、おい、その倒れてる二人は……」


(  ∀ )

ζ( ー *ζ


ξ゚听)ξ「そうよ。見ての通り、ジョルジュとデレの死体」

ξ゚听)ξ「……ヒッキーに殺されたわ」

('A`)「そんな……クソッ!」

ξ゚听)ξ「どうして悔しがってるのよ」

ξ゚听)ξ「あんたの目的って、ジョックを倒すことなんでしょ?」

ξ゚听)ξ「ジョルジュから聞いたわ。万々歳じゃない」

('A`)「それとこれとは話が違うだろ! 誰も死ねとまで願ってねーよ!」

609 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:05:59.79 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「というか……なんで……お前、そんな冷静なんだよ」

ξ゚听)ξ「何がよ?」

('A`)「お前の仲間が殺されたんだぞ?」

ξ゚听)ξ「ああ、それね。私ね。なんだか馬鹿らしくなったの」

( ^ω^)「……」

ξ゚听)ξ「私ね、デレとジョルジュと一緒に逃げてたんだけど」

ξ゚听)ξ「アンハッピー。ヒッキーに見つかっちゃってね」

('A`)「そこで……撃たれたのか」

ξ゚听)ξ「違うわ」

ξ゚听)ξ「ジョルジュはね……私をヒッキーのほうに蹴り飛ばして、逃げたの」

( ^ω^)「そんな……!」

618 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:11:49.42 ID:t0f8/cFJ0
ξ゚听)ξ「信じられる? ひどい話よね」

ξ゚听)ξ「私のことをおとりにしたのよ」

('A`)「だが……お前は生きてるじゃねぇか」

ξ゚听)ξ「そうよ。私もそれが不思議」

ξ゚听)ξ「銃を構えたヒッキーと一対一。気絶しそうなくらい怖かったわ」

ξ゚听)ξ「でもヒッキーは私に見向きもしなかったの」

ξ゚听)ξ「それで、なんとか立ち上がって、校内をうろうろしてみたんだけど」

( ^ω^)「そんな、危ない……」

ξ゚听)ξ「危ない? 何がよ! もっと危ない目に遭ったのよ」

ξ゚听)ξ「どうなろうと知ったことじゃないわ」

ξ゚听)ξ「私はもう、一度死んだようなものよ」

621 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:13:55.57 ID:t0f8/cFJ0
ξ゚听)ξ「で、しばらく歩き回って」

ξ゚听)ξ「ここで、二人の死体を発見したの」

('A`)「あくまで目的はジョルジュだったってことか……」

ξ゚听)ξ「馬鹿ね。私を後回しにしただけよ、きっと」

ξ゚听)ξ「もうじきヒッキーは私を撃ちに来るわ」

( ^ω^)「だったら早く逃げるお!」

ξ゚听)ξ「逃げる? そんなの必要ないわよ」

ξ゚听)ξ「私はここで死ぬの。ヒッキーに殺してもらうのよ」

( ^ω^)「何をふざけたことを言ってんだお!」

ξ゚听)ξ「ふざけてないわ。もう無理。無気力」

ξ゚听)ξ「生きる希望がないわ」

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:18:10.22 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「なあ……さっきから気になってたんだが」

('A`)「どうしてそんな平然としていられるんだ?」

('A`)「達観しているようにさえ見えるぞ」

ξ゚听)ξ「ああそれ? なぜかしらね」

ξ゚听)ξ「たぶん絶望してるせいだわ。そのせいで何もかも諦めてるの」

( ^ω^)「……」

ξ゚听)ξ「だってさ、私の気持ち考えてもみてよ!?」

ξ゚听)ξ「高校に入って、チアリーディング始めて」

ξ゚听)ξ「やっとの思いで女子の花形であるクイーンになれたのに」

ξ゚听)ξ「捨てられたのよ、私! 利用されたの!」

ξ゚听)ξ「馬鹿みたい!」

ξ゚听)ξ「なんだったのよ! 本当に! なんのための努力だったのよ!」

630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:23:34.03 ID:t0f8/cFJ0
('A`)(ま、まずい……)

('A`)(今まで抑えつけていた分……感情が一気に発露してる……)

( ^ω^)「……」

ξ゚听)ξ「ふふ。久々ね。こうやって顔を合わせて話すの」

ξ゚听)ξ「……ねぇ、ブーン。知ってる?」

ξ゚听)ξ「ジョックやクイーンって、富裕層の子供ばかりなの」

ξ゚听)ξ「そういう集まりだから付き合っていくのにもお金が必要」

( ^ω^)「僕には無縁とはいえ、そういう話は耳にはしてるお」

ξ゚听)ξ「だけど、あまりうちって裕福じゃないから、バイトしなきゃダメ」

ξ゚听)ξ「バイトしすぎたらチアの練習に行けなくなる」

ξ゚听)ξ「手っ取り早く稼がなくちゃいけなかった」

ξ゚听)ξ「だから私、センターフォールドを始めたの」

638 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:26:35.80 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「な、なんだそりゃ」

( ^ω^)「……袋とじの……グラビアのことだお……」

('A`)「うわあ……」

ξ゚听)ξ「購入しないと見られないから」

ξ゚听)ξ「通常のグラビアに載るより人に知られるリスクは低いわ」

ξ゚听)ξ「その分、過激なことも要求されるけど」

('A`)「僕はもう何も口を挟めません」

( ^ω^)「……」

ξ゚听)ξ「そうまでしてつかんだ地位なのに、この扱いなんだから、爆笑ものよ」

ξ゚听)ξ「笑いなさいよ。ブーン。軽蔑してるでしょう?」

ξ゚听)ξ「でも、もうどうでもいいわ。私はここで死ぬんだから」

651 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:33:13.07 ID:t0f8/cFJ0
( ^ω^)「……笑ったりなんかしないし……」

( ^ω^)「それに、死ぬ必要なんかどこにもないじゃないかお!」

ξ゚听)ξ「必要はないわね。けどそれが望みなの」

ξ゚听)ξ「最後くらいクイーンのまま死なせてよ。ジョックの傍らで」

('A`)「ふざけんなよ! まだそんなことぬかしてんのか!」

('A`)「お前はそいつに崖から突き落とされたようなもんなんだぞ!」

ξ゚听)ξ「その記憶ごと消し去ればいいだけよ」

ξ゚听)ξ「最後を飾る時ぐらい、形にこだわらせてくれるかしら?」

ξ゚听)ξ「理想の自分の姿のまま死にたいの」

('A`)(ああ、ダメだ……もう壊れてしまってる)

('A`)(自分が真実だと思って見て、聴いて、肌で触れていた世界が……)

('A`)(まやかしだって、わかっちまったんだもんな……)

657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:37:29.76 ID:t0f8/cFJ0
ξ゚听)ξ「女子高生にとって一番の幸せは」

ξ゚听)ξ「学校のスターであるジョックのそばに常にいること。これだけよ」

('A`)「……馬鹿な思想だよ。女は男の傍らにいることが幸福だとか」

('A`)「どんだけ男尊女卑な考え方だ。日本ですら時代遅れだ」

('A`)「俺はアメリカの女はもっと自立してると思ってたんだがな」

ξ゚听)ξ「説得のつもり? それともただの悪口かしら」

ξ゚听)ξ「どっちにしてもバードソングみたいなものね」

('A`)「……やっぱり、俺の言葉じゃ無理か」

('A`)「ブーン」

( ^ω^)「……」

('A`)「お前が救ってやるんだ」

( ^ω^)「僕も……そのつもりだお」

662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:44:38.30 ID:t0f8/cFJ0
( ^ω^)「ツン」

ξ゚听)ξ「何よ。何を語っても無駄骨よ」

( ^ω^)「君の夢はクイーンになることだったのかお」

ξ゚听)ξ「だからさっきからそう言っているでしょう」

ξ゚听)ξ「ジョックに近づける立場にいることが、私の夢だったの」

( ^ω^)「それは偽りの世界だったじゃないかお」

ξ゚听)ξ「だから、それはなかったことにして……」

( ^ω^)「なかったことになんて出来るかお!」

ξ゚听)ξ「っ……!」ビクンッ

( ^ω^)「いい加減にするお! 現実だと思っていたものが虚構だったことは同情するお!」

( ^ω^)「だけど、君はこの期に及んでもまったく現実を直視していないじゃないかお!」

( ^ω^)「いつまでリアルじゃないものをリアルだと思い込んで逃避してるんだお!」

671 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:54:06.37 ID:t0f8/cFJ0
ξ゚听)ξ「何を偉そうに! あんたに私の何がわかるのよ!」

( ^ω^)「子供の頃から知ってるんだお! ツンがおかしいだなんて嫌でもわかるお!」

( ^ω^)「あまつさえ死にたいだなんて、もうとんでもないフールだお!」

ξ゚听)ξ「フール? 今あんた、フールって言ったわね?」

( ^ω^)「そうだお! どう考えてもツンはフーリッシュ極まりないお!」

( ^ω^)「絶望したから死ぬ! ふざけるなお!」

( ^ω^)「落としたら拾う! 欠けたら補う! 失くしたら、また新しく手に入れればいいお!」

ξ゚听)ξ「小馬鹿にするのも大概にしなさい!」

( ^ω^)「気味が馬鹿なことをやめない限り、僕もやめないお!」

ξ゚听)ξ「うるさいわね、黙りなさいよ!」

ξ゚听)ξ「この……白豚!」

( ^ω^)「白豚? 白豚だって!?」

677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 00:56:35.98 ID:t0f8/cFJ0
( ^ω^)「僕が高校進学してからそう呼ばれたのは通算三回目!」

('A`)(そのうち二度は僕ですが)

( ^ω^)「さすがに三回は許せんお! 堪忍袋の緒が切れたお!」

( ^ω^)「目閉じて歯食いしばって堪える準備決めるお!」

ξ゚听)ξ「……えっ?」


パァン...!


('A`)「うお……平手打ちした……」

( ^ω^)「……はあ、はあ……」

ξ゚听)ξ「……」

ξ゚听)ξ「……何するのよ」

( ^ω^)「だからビンタだお。説明しないとわからないかお」

686 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:00:54.53 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「なんで二人とも一気にクールダウンしたんですかね」

( ^ω^)「部外者は口を差し挟むなお」

('A`)「スワセン……」

( ^ω^)「頭冷えたかお」

ξ゚听)ξ「痛いじゃない」

( ^ω^)「頬を叩かれたらそりゃ痛いお」

( ^ω^)「どうだお。懐かしいかお。この感覚」

ξ゚听)ξ「……」

( ^ω^)「僕は君の悪口は大抵許してきたお」

ξ゚听)ξ「……白豚は除いてね」

( ^ω^)「そうだお。それを三回言われた時だけ、僕はブチギレたお」

696 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:05:28.01 ID:t0f8/cFJ0
( ^ω^)「そして君にビンタをする。その後、君はどうしたか覚えてるかお?」

ξ゚听)ξ「当然よ」

ξ゚听)ξ「……キエエエエエエエエエ!!」

ベシ! ベシ! ベキ!

('A`)「オー……ジスイズ、ジャパニーズカラーッテー……」

( ^ω^)「ああ……天使が迎えに来てくれたお……」

('A`)「死ぬなよ」

ξ゚听)ξ「あー、スッキリ!」

( ^ω^)「……久々だから耐性薄れてたお」

ξ゚听)ξ「あは、小学校中学校と、ずっとこんな感じだったからね」

( ^ω^)「そうだお。こんなやりとり、高校生になってから初めてだお」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:11:08.99 ID:t0f8/cFJ0
ξ゚听)ξ「……」

( ^ω^)「君はもう、男を殴ったりだとかしなかったし」

( ^ω^)「逆にチヤホヤされてるから手を上げられることもなかったんだろうお」

( ^ω^)「僕らの日常は痛覚と共にあったのに」

('A`)「誤解を招きそうな言い方だな」

( ^ω^)「どうかお。思い出したかお。この痛み。忘れていた痛み」

( ^ω^)「これが君にとっての現実だったじゃないかお!」

ξ゚听)ξ「……」

( ^ω^)「これでもまだ、未練があるのかお!」

( ^ω^)「ジョックだとか、クイーンだとか、そんなものにこだわって」

( ^ω^)「なんになるんだお! ツンはツンだお!」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:14:56.83 ID:t0f8/cFJ0
ξ゚听)ξ「……そうね」

ξ゚听)ξ「……こんな目に遭っても、まだレンズが曇っていたなんてね」

ξ゚听)ξ「私、馬鹿だったみたい」

( ^ω^)「そうだお。フールだお」

ξ゚听)ξ「あ? まだ殴られ足りないわけ?」

( ^ω^)「丁重にお断りするお……」

('A`)「まあ、そんだけ元気があれば大丈夫だろ」

('A`)「もう死にたいだなんて言わないよな?」

ξ゚听)ξ「言わないわよ。もう自分を覆っていた霧は晴れたもの」

ξ゚听)ξ「私は生きるわ。やり直すの」

ξ゚听)ξ「間抜けなブーンの幼馴染の、ツンとしてね」

( ^ω^)「ツン……」

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:19:04.31 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「よし、じゃあ……廊下の窓を開けてっと」ガラッ

ξ゚听)ξ「何するつもりなのよ」

('A`)「こうすんだ……よっと!」クン

ξ゚听)ξ「えっ? なに、ちょっと、なにこれ? って……」フワフワ

キャー....!

( ^ω^)「おい、もうちょっと丁寧に念動力で降ろせお」

('A`)「俺、父さんみたいにそんな器用に使いこなせないから」

('A`)「で、そっちの要件も済んだし、お前も今から降ろすぞ」

('A`)「その体重じゃ飛び降りるのきついだろ?」

( ^ω^)「……その通りなのがムカつく……」

('A`)「俺はヒッキーを探す」

719 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:22:23.11 ID:t0f8/cFJ0
( ^ω^)「決して警戒を絶やすなお」

('A`)「ああ……それと」

('A`)「ジョルジュらのことは……お前から伝えておいてくれ」

( ^ω^)「……承知したお」

('A`)「じゃあな」

( ^ω^)「グッドラック」

フワ....ヒュンッ!!

('A`)「さて……行くか。いよいよホンボシだ」

『ドクオ……聴こえるか……』

('A`)「そ、その声は父さん!」

('A`)「当たり前のように思考に語りかけてこないでくれよ」

724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:26:16.54 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「というか父さんのテレパシー能力って」

('A`)「視線が合ってないと通わせられないんじゃなかったのかよ」

('A`)「共感覚の応用だって」

『いやな、父さん、疑似じゃなくて本物のテレパシーも発現させられたんだ』

『ついさっきドクオと話がしたいなあ、って考えたら、使えるようになっちゃって』

('A`)「もう驚くのもアホらしいから尋ねるけど、なんの用?」

『ああ、そのことだが……まだこのテレパシーは不十分だから長時間使用すると疲れる』

『だから直接話がしたい。どこかの教室に入って、そこの窓から父さんを見下ろしてくれ』

('A`)「わかったよ」

『待ってるぞ。ではな』ピシュン!

('A`)「……なんだってんだ」

729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:30:44.53 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「やってきたわけですが……」

(`・ω・´)「ドクオ! ここだここだ」

('A`)「おお、いたいた。ここからなら普通に声で会話できるな」

('A`)「……肉声以外で会話するってことが、そもそもおかしいが……」

(`・ω・´)「ドクオ、心して聞いてくれ」

('A`)「なんだい」

(`・ω・´)「今、脳内マップの解析を進めてみたんだが……」

(`・ω・´)「あ、ショボンくんにも手伝ってもらったんだがね」

(´・ω・`)「君の父さんに、口頭で内部の様子を述べてもらって、製図して」

(´・ω・`)「僕なりにヒッキーの居場所を探ってみたのさ」

('A`)「もうお前らが親子やれよ」

735 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:35:00.68 ID:t0f8/cFJ0
(´・ω・`)「それで、やっとアナライズが終わったんだよ」

('A`)「マジか。どこにいる?」

(´・ω・`)「今身を潜めているのは三階。最上階だね」

(´・ω・`)「ここでほぼ間違いはないはずだ」

('A`)「三階か……」

(`・ω・´)「息子よ、がんばるのだぞ」

('A`)「その前に父さん、せっかくだしさ」

(`・ω・´)「なんだ?」

('A`)「未来視ってやつ、やってくれよ、俺に」

(`・ω・´)「……なぜだ?」

('A`)「俺……やっぱり不安だよ。超能力と銃、どっちが上かなんてわかんねぇもん」

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:40:03.08 ID:t0f8/cFJ0
(`・ω・´)「確かに……連邦政府が算出したダイヤグラムでは」

(`・ω・´)「精練が足りないサイコキネシスと素人の扱うマシンガンでは、ほぼ五分」

(`・ω・´)「その先はメンタルの勝負だ」

('A`)「だろ? だから、俺は安心が欲しいんだ」

(`・ω・´)「悲惨な未来が見えてしまったらどうするんだ?」

('A`)「その時は嘘をつくくらいの思いやりを見せてよ」

(`・ω・´)「フッ……なんだ、つまりは」

(`・ω・´)「父親の口から慰めの言葉が欲しい、ということなんだな?」

('A`)「そうだよ。悪いかよ。ガキっぽくてさ」

('A`)「父さんはたった一人の家族なんだから」

('A`)「その口から聞ける言葉が最高にほっとできる呪文だろうさ」

741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:45:39.87 ID:t0f8/cFJ0
(`・ω・´)「……わかった。やってみる」

(`・ω・´)「くっ……ふうう……!」シュインシュインシュイン

(`・ω・´)「……見えたぞ」

('A`)「どうだった?」

(`・ω・´)「父さんとドクオが抱き合っているイメージだ。皆が歓喜に沸いている」

(`・ω・´)「おそらくは、お前の帰還を祝福している構図だろう」

('A`)「そうか、そりゃあ……よかった」

(`・ω・´)「父さんも安堵したよ」

(´・ω・`)「ドクオ。ブーンとツンの二人は先程合流した」

(´・ω・`)「グラウンドにいた学生も全員避難を済ませたとハインから連絡があったよ」

(´・ω・`)「もうヒッキーは、逆に追い詰められている」

(`・ω・´)「頼んだぞ」

('A`)「……ああ!」

748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:52:33.88 ID:t0f8/cFJ0
〜〜校舎三階〜〜


('A`)「……」テクテク

('A`)「どこにいるんだ……」

('A`)「念のため、いつでも回避行動をとれるよう」

('A`)「サイコキネシスを全身に作用させてはいるが……」

('A`)「というか、普通にコントロールできるようになってることにびびるわ」

('A`)「必要は発明の母ってやつか……」

('A`)「とりあえず授業用の教室は全部回ってみた」

('A`)「あとはトイレとかをシラミ潰しに……ん?」

('A`)「ああ、図書室を見てなかったな。こっちから先にやるか」

('A`)「……図書室か……」

753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 01:56:21.05 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「……まさかそんなことはありえないだろうとは思うけど」

ガララッ

川 ゚ -゚)「……」ペラッ

川 ゚ -゚)「おお、休日に会うのは初めてだな」パタン

川 ゚ -゚)「私は平日休日に関わらず学校の図書室で過ごしているが」

('A`)「アホかお前はああああああああ!!」

川 ゚ -゚)「何を騒いでるんだ。図書室は大声厳禁だぞ」

('A`)「お前……今どういう状況かわかってんのかよ」

川 ゚ -゚)「知ってるよ。ヒッキーが銃を乱射しているのだろう?」

('A`)「そうだ。しかも校舎の三階に立てこもってるそうだ」

('A`)「このフロアだぞ! 早く逃げろ!」

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:00:49.50 ID:t0f8/cFJ0
川 ゚ -゚)「断る。私には無関係な話だからな」

('A`)「ハァ?」

川 ゚ -゚)「スクールカースト内での揉め事だろう。私には関係ない」

川 ゚ -゚)「階層外にいるブックワームの私に干渉などしてくるはずがない」

('A`)「なに『理論上はそうです』みたいに得意げに言ってんだよ」

('A`)「もうそんな階層なんてとっくにぶっ壊れてんだよ!」

('A`)「俺なんかより……素早くて……強大で……」

('A`)「暴力的な……やり方で!」

川 ゚ -゚)「死人が出ているそうだからな。なるほど効果絶大だ」

('A`)「ジョック以外の人間も撃たれている……ヒッキーは錯乱してしまってる」

('A`)「だから安全の保証なんてどこにもない!」

758 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:04:45.60 ID:t0f8/cFJ0
川 ゚ -゚)「壊れたと呼べるのか?」

川 ゚ -゚)「ヒッキーがピラミッドの頂点に上り詰めようとしているだけでは」

('A`)「なわけねーだろ! バカヤロー!」

('A`)「もう上とか下とか外とか内とかいう問題じゃないんだ!」

('A`)「そんな概念きれいさっぱり消滅してんの! 俺らはただの学生だ!」

('A`)「全員同じ、平等で、均等で、対等な、学生!」

('A`)「君と、俺は、一緒だ!!」

川 ゚ -゚)「……」

('A`)「だからさっさと逃げろ。俺がここからサイコキネシスで降下させるから……」


「その必要はないよ」


('A`)「なっ……その声……っ」

763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:09:11.87 ID:t0f8/cFJ0
ガラッ...

(-_-)「……やあ」

('A`)「ヒッキー……」

('A`)(背中にライフル、腰のホルダーに拳銃)

('A`)(右手にはマシンガン……完全武装か……)

(-_-)「ドクオくんの声……大きかったからよく聴こえたよ」

(-_-)「ここにいることもわかったし」

('A`)「どこで息を潜めていたんだ?」

(-_-)「教室の用具入れさ」

('A`)「なっ、そんなとこに……じゃあ」

('A`)「俺が回っていた教室に……既に隠れていたのか……」

(-_-)「あそこにはよく入らされたからね。慣れてたから、落ち着いたよ」

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:12:52.19 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「図書室は……空気が澄んでるね……」

('A`)(しかし変だ……)

('A`)(ショボンの推理だと、ヒッキーは判断力を喪失して)

('A`)(そのために見境なく狙撃しているという話だったが……)

('A`)(……冷静沈着そのものじゃないか……)

(-_-)「クーさんもいるんだね」

川 ゚ -゚)「私はいつもここにいる。一人だろうと、他に誰かがいようとも」

(-_-)「それが許される君のスタンスが羨ましかったよ」

川 ゚ -゚)「そうか。すまんな」

(-_-)「別に謝らなくてもいいよ。僕の勝手な嫉妬だから」

('A`)「……おい」

771 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:17:00.91 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「なんだい」

('A`)(隙が見当たらない……)

('A`)(いつでもマシンガンの銃口を向けることが出来る体勢)

('A`)(先制パンチとばかりに念動力を発動させたとしても……)

('A`)(即座にそれに反応してトリガーを引けば……奴の勝ちだ)

('A`)(こちらからは攻められない。なら……今は会話を繋ぐしかないか)

('A`)「どうしていじめっ子以外も撃った」

(-_-)「ああ、そのこと」

('A`)「ジョックじゃない連中はお前に危害は加えなかっただろ?」

(-_-)「そうだね。ナードたちは僕に何もしてこなかった」

(-_-)「何も……しなかった」

780 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:24:57.33 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「……ドクオくん」

('A`)「なんだ」

('A`)(ってかこの状況でよく読書を続けられるな、クーの奴……)

(-_-)「君は自分たちよりさらに下の人間について考えたことがある?」

('A`)「ターゲットはナードの下、か」

(-_-)「そうさ。僕は最下層。学校でもっとも権利がない奴」

(-_-)「はっきり言ってね、そんな僕にとっては、ジョックもクイーンも」

(-_-)「ワナビーもプレップスもメッセンジャーもナードも、全部同じにしか思えないんだよ」

(-_-)「上は上……自分よりも下位の人間を持ち、安寧を得られる者」

(-_-)「僕はみんなみんな憎いんだよ」

(-_-)「一ランク上も、二ランク上も、三ランク上も、一緒なんだ」

(-_-)「僕の左側にだけ不等号ががないんだ」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:29:58.03 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「そして……もう耐え忍ぶことができなくなった」

(-_-)「幸いにも、ドクオくんとジョルジュくんが決闘するって話になって」

(-_-)「学校中の生徒が集うイベントが催されたね」

('A`)「お前……その機を利用したのか」

(-_-)「そうさ」

(-_-)「だけど正直言うと、僕は君を撃ちたくない」

('A`)「なんでだ。俺も憎悪の対象じゃないのか」

(-_-)「一度きりとはいえ、僕の昼食を守ってくれたからね」

(-_-)「他に手を差し伸べてくれた生徒なんてフサくんくらいさ」

(-_-)「彼は見えないところでは僕を気遣ってくれた」

('A`)「……」

790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:34:37.49 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「なあ」

(-_-)「どうかしたかい」

('A`)「あれ、別にお前の飯だからやったわけじゃねぇぜ」

('A`)「ただ床とか周りの人間が汚れないようにしただけだ」

(-_-)「……」

('A`)「だから思う存分憎んでくれよ。俺も所詮は傍観者だ」

(-_-)「どうして……そんなことを話す必要があったんだい?」

(-_-)「君にとって不利に働くことはあっても、有利には絶対にならない……」

('A`)「そりゃあ……お前に嘘なんて吐きたくなかったから」

('A`)「あと勘違いはやめてよね的なツンデレ風振る舞い」

(-_-)「ジョークかい? 笑えないジョークは、ただの罵倒だよ」

('A`)(やば、冗談で場を和まそうとしたのに、結構イラっときてるな……)

793 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:40:16.31 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「じゃあ……遠慮は一切いらないんだ」チャッ

('A`)「お、落ち着け。一旦息を整えるんだ。それから話し合おう」

(-_-)「落ち着いてるよ……凄く。冷静さ」

(-_-)「ヘロインをキメてきたからね……」

('A`)「んなっ……?」

('A`)(じゃあ普段怯えたように震えてるのって……ただの禁断症状か?)

(-_-)「知ってるかい? スクールカーストの外にはギャングがいるんだ」

(-_-)「学校のはみ出し者たちさ」

(-_-)「ふふふ……彼らは意外とよくしてくれるんだよ」

(-_-)「落ち込む僕にいいものを教えてくれたからね……」

('A`)「……マジかよ」

800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:45:46.17 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「武器を流してくれたのも彼らさ」

(-_-)「金さえ払えば……望むものはなんでもくれた……」

('A`)(こいつ……薬だけじゃなく、いろんなものに依存してやがる!)

('A`)「優しく接してくれる人間が欲しかったんだな」

(-_-)「そうだね……たぶん、そういうことかな」

(-_-)「でも今更間に合わないよ」

(-_-)「これからは優しくしてやるとか、そういうことでも言い出すつもりなんだろう?」

(-_-)「遅いよ。知らないかい? 学校での銃乱射事件は」

(-_-)「どれも犯人の自殺で幕を閉じるのさ」

('A`)「じゃあ、お前も……」

(-_-)「当たり前さ……たくさん人を殺しちゃってるから、もう戻れない」

(-_-)「僕も死ぬしかないんだ……・」

807 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:50:45.59 ID:t0f8/cFJ0
(-_-)「どうやら……もう包囲網が出来あがってるみたいだし……」

(-_-)「君たちが最後のターゲットだよ、ドクオくん、クーさん」

(-_-)「それが終わったら、僕は屋上に上がって、衆目の前で派手に散ろう」

川 ゚ -゚)「え、本当に私も狙われるのか?」

(-_-)「もちろんだよ」

川 ゚ -゚)「やばいわー、心の準備とかまったくしてなかったわー」

('A`)「なに呑気なこと言ってんだよ! もっと緊張感を持て!」

(-_-)「それじゃ……グッド・バイ」カチャッ

('A`)(やばい! 引き金に指がかかった!)

('A`)(まだサイコキネシスを自分の身体から解除していないぞ……相手に何も出来ない)

('A`)(……ここから回避することは可能だ。ただ……)

('A`)(そうすると……クーに弾丸が命中する……!)

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 02:55:46.43 ID:t0f8/cFJ0
('A`)(ならここは動くわけにはいかない!)

('A`)(クーの盾になるしかない!)

('A`)(幸か不幸かヒッキーはマシンガンではなく拳銃を構えた)

('A`)(一回の射撃で飛んでくる弾は一発だけ……)

('A`)(外れるなんてことはあまり期待しないほうがよさそうだが……)

('A`)(それでも……父さんの未来視が真実なら……)

('A`)(何が起きようとも……)



バーンッ!!



('A`)「俺は……死なない!」

816 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:00:12.81 ID:t0f8/cFJ0
シィン......

('A`)「……」

('A`)「……はっ! どうなった!」

('A`)「お、俺は生きてるぞ、生きてる! クーは……」クルッ

川 ゚ -゚)「あ、ああ……」

('A`)「無事……か。外傷もなさそうだ」

('A`)「じゃあ一体、どうなったんだ? どういう現象が起きたんだ?」

川 ゚ -゚)「ドクオ……前を向け……覚悟を決めてだ……」

('A`)「え……」クルッ...


(`・ω・´)「ぐっ……さすがに鉛弾は……堪えるな……」


('A`)「父……さん……?」

823 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:05:35.13 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「父さん、父さん! どうしてここに!?」

('A`)「銃弾が当たってるじゃないか!」

(`・ω・´)「父さん……お前と最後に会った時」

(`・ω・´)「腕にまじないのような紋章を見つけてな……」

('A`)「サダコが描いたやつか……」

(`・ω・´)「塗料とうまいこと波長が合って、視覚をリンクさせる媒介に出来たんだ」

(`・ω・´)「そのマークを通じて、見ていたよ……ドクオ」

(`・ω・´)「女の子を身を呈して守るだなんて、はは、男になったな……」

('A`)「どうやって……ここまで……」

(`・ω・´)「父さん、お前が撃たれそうになる場面を見て、助けようと強く願ったんだ」

(`・ω・´)「そうしたら瞬間移動のチャンネルが開いたんだよ……本当に、よかった……」

832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:12:53.96 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「よくない、全然よくなんてねぇよ!」

('A`)「あんた、地上最強だろ! こんなちっぽけな鉛弾なんかで」

(`・ω・´)「父さん、こと攻撃に関しては」

(`・ω・´)「『マス・デストラクション』とNASAの研究所で称されているほどだが……」

(`・ω・´)「防御能力に目を向けると、障壁めいたことは超能力で可能とはいえど」

(`・ω・´)「本体の抵抗力は並の中年男性と同じレベルでな……」

('A`)「なら、今回も銃弾を破裂させたらよかったじゃないか!」

(`・ω・´)「咄嗟のことでね、頭がうまいこと回転しなかった」

(`・ω・´)「父さん、認知症の恐れがあると、渡米前から社内検診で宣告されてたんだ……」

(`・ω・´)「黙っていてすまない…・・」

('A`)「治癒できる能力はないの!?」

(`・ω・´)「凍結のチャンネルを使えば……だかもう、そんな余力は残っていない……」

(`・ω・´)「体力も並の中年男性レベルだからな……」

839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:18:39.18 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「そうだ、父さん、俺に未来視を行ってくれたじゃないか」

('A`)「あのヴィジョンはなんだったんだよ! 嘘だって言うのか?」

(`・ω・´)「はは……嘘じゃないよ……」

(`・ω・´)「今……まさに……ドクオは父さんを抱き寄せているじゃないか……」

('A`)「嘘じゃないか! 歓喜の輪はどうなったんだよ!」

(`・ω・´)「それより……涙をぬぐって、正面を向くんだ」

('A`)「正面?」グイ

(-_-)「あ……あ……」

('A`)「ヒッキーの奴……愕然としてやがる」

(`・ω・´)「撃たれたと同時に、あの子の持っているガンすべてに負荷を与えた」

(`・ω・´)「もう内部パーツの金属が磨滅して使い物にならないだろう……彼は無力だ」

(`・ω・´)「だから……もうこの事件は終幕だ。安心だな……」

845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:25:06.25 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「全然安心なんてできない!」

('A`)「父さん、しっかりするんだ!」

(`・ω・´)「ああ……視界が霞んできたよ」

(`・ω・´)「父さん、目の良さだけがウリだったんだがな……」

(`・ω・´)「もうドクオの瞳が見られない……ドクオの考えていることもわからなくなった……」

(`・ω・´)「だけど……父さんの手の甲に落ちる、ドクオの涙の温度はよくわかるよ……」

('A`)「父さんに弱音なんか似合わないよ!」

(`・ω・´)「ドクオ、元気でやるんだぞ」

('A`)「寂しいこと言うなよ。やめろよ……」

(`・ω・´)「父さんは……母さんの元へ……行ってくるよ……」ガクッ

('A`)「……父さん?」


(` ω ´)「……」


('A`)「父さああああああああああん!!」

855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:30:26.80 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「うう……ぐす……ひっく、ぐす……」

('A`)「父さん……父さん……」

('A`)「誰も父さんを殺すことなんて出来ないと思ってたのに……」

川 ゚ -゚)「ドクオ……」

('A`)「……泣いてばかりもいられない」

('A`)「父さんもそんなことは望んでいないはずだ」

('A`)「クー、ここを出よう。みんなに報告しねぇと」

川 ゚ -゚)「ヒッキーはどうする?」

('A`)「あいつはもう……無害だ。後は警察が始末してくれるだろう」

('A`)「行こう。よいせっと……」

('A`)「父さん、アメリカ来て少し太ったんだね。ちょっと重いよ」

川 ゚ -゚)「君の父さんを背負っていくのか? 超能力とやらで運んだ方が」

('A`)「いや……おんぶしていきたいんだ」

川 ゚ -゚)「……そうか」

871 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:36:01.69 ID:t0f8/cFJ0
〜〜校舎前〜〜


( ^ω^)「あっ、ドクオたちだお! ドクオがシャキンさんおんぶしてこっちに来るお!」

川д川「うふふ……さすが私の守護印……」

( ><)「その横に女の子もいるんです!」

(゚、゚トソン「あれは」

ミセ*゚ー゚)リ「クーさん?」

从 ゚∀从「あのブックワーム、まだ残っていたんかい……ようやるわ」

(-@∀@)「一件落着……かな。これで」

(´・ω・`)「急にシャキンさんが消えた時はびっくりしたけど……」

( ^Д^)「仲睦まじい親子だな! 息子が父親を慰労してるぜ! かー!」

(*゚ー゚)「シャキンさん……疲れただろうからね……」

886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:40:25.85 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「……よう、お前ら」

( ^ω^)「ドクオ! 心配したお!」

ξ゚听)ξ「……ヒッキーは!? ヒッキーはどうなったの!?」

('A`)「ああ、あいつは……衰弱状態だ……」

('A`)「警察の皆さんに、突入してくれって伝えてくれ……」

(´・ω・`)「それより、シャキンさんは疲れて寝てるのかい?」

('A`)「いや……そうじゃないんだ……」

(*゚ー゚)「あれ、これ……血!?」

('A`)「父さんはな……俺をかばって……撃たれたんだ……」

('A`)「もう目を覚まさないんだ……」

(-@∀@)「そっ……」

从 ゚∀从「そんな……おい、タチの悪いジョークなんだろ!?」

893 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:45:06.82 ID:t0f8/cFJ0
('A`)「ジョークだったら……どんなにいいか……っ!」

(´・ω・`)「ドクオ……」

('A`)「……俺、このまま帰るよ」

('A`)「父さんを早く休ませたいんだ……」

( ^ω^)「……そうかお」

('A`)「じゃあな……」テク...

「おいドクオ」

('A`)「なんだい父さん」

(`・ω・´)「父さんな、臨死体験を通じてヒーリングのチャンネルを開いたよ」

('A`)「そう。今日の夕食はボンゴレビアンコにするよ……って」

('A`)「……え?」

905 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:48:17.26 ID:t0f8/cFJ0
( ^Д^)「えっ」

( ><)「えっ」

(´・ω・`)「なにこれ? ミラクル? 不条理なんだけど」

('A`)「と、父さん!? どういうこと!?」

('A`)「え、なにこの瞬発力ありすぎな復活劇は!?」

川д川「蘇る死者……禁忌……うふふ……」

(`・ω・´)「なんだ、ドクオ、気づいてなかったのか」

('A`)「なにがだい」

(`・ω・´)「お前、父さん以上の能力に覚醒してるぞ」

('A`)「へ?」

(`・ω・´)「おめでとう。史上初の蘇生能力者だ」

919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:52:50.68 ID:t0f8/cFJ0
(`・ω・´)「父さんの死がチャンネル開放のキーになったんだなあ」

(`・ω・´)「父さん、お前の背中にずっと触れているうちに、生き返っちゃったよ」

('A`)「なんか久々にこのぼんやりした感覚ゲットしたわ」

(`・ω・´)「ドクオ、お前は今日から史上最高位の能力保持者となったんだ」

(`・ω・´)「だが最強の座は譲る気はないぞ!」

('A`)「いらねぇよ」

( ^ω^)「というか、あのー……」

('A`)「なんだよ」

(-@∀@)「一応……感動の再会なんだけど……」

('A`)「ああ、なんかもう……どうでもよくなってきた」

('A`)「これが現実なら非現実はどんだけ恐ろしいんだよ」

927 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 03:56:48.48 ID:t0f8/cFJ0
(゚、゚トソン「でしたら……」

ミセ*゚ー゚)リ「ドクオさんが喜ばないなら……」

从 ゚∀从「アタシらが存分に!」

( ^Д^)「うおおおお! シャキンさああん! おかえりいいいい!」


WAAAAAAAAAAAAAHHH!!!!


(`・ω・´)「こらこら、復活したてなんだから、そんなに乱暴に飛びつかないでくれよ」

ξ゚听)ξ「あんたもハグしてきたら?」

('A`)「いや、俺はいいよ……アホらしくなってきた」

('A`)「俺の心配はなんだったんだ……」

川 ゚ -゚)「よくわからんがお前の親父さんは超越種か何かなのか?」

('A`)「俺もたった今その仲間入りを果たしたところだ」

936 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 04:00:47.40 ID:t0f8/cFJ0
( ^Д^)「おいドクオ! そう遠慮するな!」

(´・ω・`)「思春期特有の恥じらいかもしれないね」

从 ゚∀从「そりゃよくない。思い切っていけ!」

('A`)「ちょ、お前ら、押すな!」

(゚、゚トソン「まあまあ」

ミセ*゚ー゚)リ「そう言わずに!」

('A`)「だからってなあ……」

(`・ω・´)「ドクオ、そんな照れなくてもいいぞ」

(`・ω・´)「こんな時ぐらいスキンシップを図るのも悪くない」

('A`)「……じゃあ……」

('A`)「……五秒だけな!」

ワァァァァァァアアアアア!!!

946 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/03(水) 04:04:37.10 ID:t0f8/cFJ0
ワイワイ

从 ゚∀从「ヒュー! 親子の熱い抱擁だ!」

(-@∀@)「これはいい画が撮れる!」

ガヤガヤ


('A`)「……なあ」

(`・ω・´)「なんだ?」

('A`)「ぶっちゃけ、このヴィジョン見えてたんだろ?」

(`・ω・´)「さあ、どうかな」

('A`)「未来視を信頼して動いてたな……」

(`・ω・´)「それより、今日の夕食はボンゴレなんだろう? 楽しみだな」

('A`)「ああ、腕によりをかけて作るよ」

inserted by FC2 system